筋湯を楽しむ

  • 全て表示
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 体験する

牧の戸峠で登山気分

 

行ってきました、牧の戸峠。

 

 

ちと牧の戸峠レストハウスの女主人さんに用事があったんで・・・。

 

 

 

 


大きな地図で見る

 


 


 

筋湯温泉からは、近道を通って車で約10分。

 

 


DSC_0366.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やまなみハイウェイを熊本方面から大分方面に向かうと 一番上りきった所に

九重連山への登山口 牧の戸峠があり 駐車場の奥には 『牧の戸峠レストハウス』があります。

 

 

近くに住んでいながら、寄ったことがあんま無いんです。

ソフトクリームが美味しいのは知ってましたけどね。

 

 

DSC_0352.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牧の戸さえ久しぶりに来たのに、久住山なんかもってのほかで、

平治岳・大船山・黒岳・・すいません、名前だけ・・・。

 

 

 

そんな事を話していたら 『あそこの展望台に行ってみたら?』

 

 

それではいっちょ行ってみますか。

 

DSC_0430.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牧の戸峠レストハウスを正面に見て 左手の方に 登山口があります。

今回、登る展望台までも 同じルート。

 

 

 

 

DSC_0425.jpg

 

 

DSC_0424.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々と注意書きがかいてありますな。

 

まっ山を愛する人ならば守って当然。

 

 

 

 

 

今回、チビも同行してたんで 一緒に。

DSC_0421.jpg

 

 

DSC_0381.jpg

DSC_0386.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構 登りますぜ。途中、すれ違う 登山人の方々たちと軽快に挨拶を交わしながら

 

DSC_0387.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野草を眺めながらの登山でした。

 

 

 

 

これぐらいで登山と言ったら 怒られますけどね。

 

 

 

 

DSC_0392.jpg

 

 

DSC_0393.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと見えてきた・・・山頂ではなく 展望台。

 

 

このぐらいなら、サンダルでもオーケーですし、軽装でも お子様でも全然 オーケー。

 

 

DSC_0400.jpg

 

 

 

 

DSC_0407.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお!こりゃ 爽快です。

 

 

天気が良かったので、遠くは阿蘇山まで見えましたよ。

 

 

確か、小学生ぐらいの時に 登った記憶があるんですが その時は無かったようなきがします。展望台。

 

 

 

こりゃ、素人には 登山・・登山・・・の気分が味わえますな。

 

 

 

 

今度は弁当 もってこよ。

 

 

 

 

 

さて下山して(下山する程 登ってないけど)

 

牧の戸峠レスハウスにて 気になっていたものがあったんで それを 注文。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自家製のブルーベリー生ジュース。

 

 

 

 

 

DSC_0431.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らない人が多いかもしれませんが、九重町は西日本1の植え付け面積数なんですよ。

あちらこちらで ブルーベリー関連のお土産を見かけますよね。

 

ジャム とか ソースとか。でも、生ジュースは初かも?

 

 

 

結構 酸っぱいよ!と聞いてたんですけど 呑んでみると美味しい。

ブルーべりーが好きなのもあるので、全部 飲みたかったんですが 盗られました。

 

 

 

DSC_0433.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐らく山を登ったばっかなんで、酸っぱいよりも 喉の乾きの方が勝ってる。と思う。

 

 

 

 

そんな時は、一緒に ガムシロもついてくるので それを入れると 甘さ×2ぐらい?

 

 

 

 

 

DSC_0435.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山に登ってみたいけど、本格的に登るのは・・・とか お子様連れで・・・なんて時は

 

雰囲気だけでも味わいに行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

よく、『なんで山にのぼるの?』と聞かれ 『そこに山があるからさ!』なんて会話がありますが

 

 

 

 

 

 

ほんの少し・・・

 

 

 

 

 

 

ブルーベリー生ジュースの分だけ 分かった気がしますわ。

 

 

 

 

体験する

2012年5月28日

ページの先頭へ戻る