筋湯を楽しむ

  • 全て表示
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 体験する
見る
牧の戸峠ーーくじゅう連山 中岳  冬山登山
お久しぶりです★くじゅうの山々たち。
九重空中庭園 まえだ苑
筋湯温泉 花火大会 2013
歩こう! タデ原!
すじゆの花火
野焼き 
雪景色
すじゆのあるき方 其の壱
温泉に感謝
天空散歩
春 爛漫
青と白のコントラスト
初雪か!?
九酔渓の紅葉。
大自然からのチカラ。
紅葉情報。
ラベンダーが見ごろです
蛍まつりが開催されます
新緑の季節
2010年春を呼ぶ野焼き
小松地獄の雪化粧
「岩ん湯」のイルミネーション
九重町の夜を彩る 冬のイルミネーション
今、紅葉が見どころ
筋湯は秋の匂い
ホタルが舞っています
2009年春の桜便り
岡本陸郎美術館
九重夢大吊橋
秋色のトンネルを抜けて
紅葉が始まりました
筋湯の木々たち
今年の桜
春を呼ぶ野焼き part.1
春を呼ぶ野焼き part.4
春を呼ぶ野焼き part.2
春を呼ぶ野焼き part.3
自然の彩り
3月にも雪が降りました
筋湯の山々の雪
夜の筋湯の広場
緑が一番きれいな時期です
風物詩がつくる美しい景色
銀世界の雪景色
山の彩り
春の訪れ
青空と雪
冬の訪れ
秋の空
筋湯温泉の散歩道
筋湯温泉の初夏
筋湯温泉の春
小松地獄
九重の四季
九重地熱発電所
鯛生金山
くじゅう自然動物園
くじゅう花公園
体験する
牧の戸峠ーーくじゅう連山 中岳  冬山登山
お久しぶりです★くじゅうの山々たち。
筋湯温泉 花火大会 2013
歩こう! タデ原!
行ってきました・・ブルーベリー狩り
牧の戸峠で登山気分
どんと焼き
すじゆのあるき方 其の壱
九電 八丁原発電所
温泉に感謝
天空散歩
自然の中で不自然な釣り?
こげん時やけん、自分のこつは後回しにするけん!
どんと焼き
二つの公共浴場。
あげたへぇ。さげたへぇ。
ブルーベリー ソーセージぃ!?
三日月の滝でパークゴルフ。
暑い夏を筋湯温泉で過ごしませんか?
ブルーベリー摘み
どんと焼き
甘酒祭り
ブルーベリー収穫体験
スパ・エステ「Yas-ragi SPA Sweet」
ゆっくり過ごす湯巡りの旅
薬師湯へようこそ
旅の途中、足湯を愉しむ
昔も今も、こころ打つ湯の音
冷えた風もあたたまる山里
足湯で憩うひととき
名水の小屋がリニューアル
うたせ湯がリニューアル
岩ん湯が新しくなりました
和みスポット足湯&トイレが完成
筋湯のうたせ湯とお祭り
九重の清水
EL RANCHO GRANDE(エルランチョグランデ)
鯛生金山
くじゅう自然動物園
くじゅう花公園
九重森林公園スキー場

お久しぶりです★くじゅうの山々たち。

小学校の時は毎年 くじゅうの山々に登山してました。もちろん学校の行事です。

成人してからは、ボランティアで遭難救助の登山しかしたことがありません。

 

目の前に広がる、くじゅう連山。いつの間にか『九重連山』が『くじゅう連山』になってました。

 

最近、筋湯温泉の一部の若女将さん達も登山にはまっているそうで・・・。

運動がてら登ってみますか・・・・ということで 登ってきたというより 歩いてきました。

 

 

DSCF0992.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは 言わずと知れた 長者原ですね。

くじゅう連山の事ならなんでもござれ。の ビジターセンターもあり、お食事やお土産などを販売している

ヘルスセンター・レストラン みやま・ レストハウスやまなみ  と並んでます。

今回は、山がメインなので・・・・

 

ちなみに、歩いたコースは  『長者原~雨が池を越えて~法華院温泉』 『法華院温泉から 大船林道を歩いて吉部登山口へ』 車は長者原に置くので 帰りはどうしよう・・・・

 

 

コース地図.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、国土地理院の地図を使用しました。

青いコースが 長者原~法華院温泉。赤いコースが 法華院温泉から吉部登山口コース。

 

 

それでは出発。

まずは  タデ原を歩きます。と言ってもど真ん中ではなく端っこの方。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1003.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1004.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1011.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1021.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルスセンター横を通り、橋を渡り階段を登ると  くじゅうの山々が。

朝九時ぐらいですがふと湯布院方面を見ると 雲海らしきものが・・・。

 

 

 

DSCF1027.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ先は長いです。九州自然歩道という道を通り 法華院温泉へ。4.7キロ。

 

 

DSCF1033.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山届けなどを提出するボックスがあります。

必ず 書いて提出しましょう。

これから歩く 九州自然歩道は 『雨ヶ池までの 約2.5キロ 幅50メートルを学術研究のため 自然観察路として特別保護区域にしてあり この区域は九州の代表的な植物や昆虫が豊富に見られます。

ですので、外来植物などの進入などを防いだり 動植物の採取などは絶対にやめましょう。

 

 

DSCF1037.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1039.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにか出てきそうな雰囲気ですよね。山は暗くなるのが早いです。お時間には余裕持って登りましょう。

登山日は、1月31日。気温は高かったですが ところどころ雪が残ってますね。

標高が高くなると まだまだ残ってました。

足で踏み固められて ツルツルに凍結してましたので 不安な方はアイゼンのご準備を。

アイゼンの使用は、木々の根っこを傷つけたりして環境破壊だ!!みたいに仰る方もいますが

滑って怪我をしては元も子もないので・・・・。

 

 

DSCF1042.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1046.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1049.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1052.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1067.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで 約40ぐらいでしょうか。 このコースは 冬ではなく 新緑の季節や紅葉の時期がおススメですね。

 

森林浴という言葉がぴったりな場所だと思います。自然の音しか聞えてきませんし。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1080.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1099.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に10分ほど歩くと 展望台に休憩できるベンチが!!!

長者原などが一望できます。

 

 

 

 

 

DSCF1106.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1117.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ 雨ヶ池。  時期によっては空っぽになる池です。

冬の時期は特に空池な事が多いみたいですね。

 

 

DSCF1135.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右奥の方が 雨ヶ池です。 やはり空っぽでした。

 

 

DSCF1144.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1147.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空っぽだと思ってたら、少したまってました。

 

 

DSCF1151.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨が降ると池になるみたいですね。 貴重な野花が自生しているみたいですね。

 

 

 

 

DSCF1152.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1140.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

降雨時の天ヶ池は この渡り板まで水が溜まってましたね。梅雨の時期は要注意かな。

 

 

 

 

さあ、雨ヶ池を越えて 坊がつるを目指します。

 

 

 

 

DSCF1157.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1159.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところどころ 沢の水が流れてます。

綺麗で飲めそうな水ですが、場所によっては硫黄が混入されている水があるとの事です。

この水に硫黄が混じっているかは 分かりませんけども・・。

 

 

 

 

 

DSCF1169.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1177.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右奥のほうに見える 平地??が  坊がづるです。

あともう少し。ここまで約1時間15分ぐらいか。

 

 

 

 

DSCF1183.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1207.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1202.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪が残っていて、凍結しており下り坂。

ガッチガチに凍ってました。 もう少し。

 

 

 

 

 

 

DSCF1220.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1227.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ着きました。坊がづる。

 

 

 

DSCF1236.JPG

 

DSCF1250.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法華院温泉までも、もう少し。あと10分ぐらいかな。

 

 

DSCF1255.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大船山(たいせんざん)登山道・平治岳(ひいじだけ)入り口などの 分かれ道。

道ナリに進むと法華院温泉へ。

 

DSCF1257.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1261.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1262.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1273.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、法華院温泉 絶景な場所にありますね。

九州最高峰・最も高い場所にある温泉だそうです。

 

 

 

 

DSCF1276.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1277.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1279.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1281.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法華院温泉に到着しました。

9:00過ぎに長者原出発し到着が11:30ぐらいに到着。

ゆっくりペースで、2時間30分ぐらい。 先着のやまのぼらーの方たちとルート情報交換などしつつ

しばしお昼休憩。水筒に熱いお湯を持参してカップラーメンとおにぎりを頂きました。

何気ない通常に食べるカップラーメンとは違い 美味しいんですよね。

 

同行した方の時間の関係上、これから下っていきます。

下りは、また後日・・・・・・。

 

 

見る 体験する

2014年2月 1日

ページの先頭へ戻る