筋湯を楽しむ

  • 全て表示
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 体験する
見る
九重森林公園スキー場で軽登山しませんか??
牧の戸峠ーーくじゅう連山 中岳  冬山登山
お久しぶりです★くじゅうの山々たち。
九重空中庭園 まえだ苑
筋湯温泉 花火大会 2013
歩こう! タデ原!
すじゆの花火
野焼き 
雪景色
すじゆのあるき方 其の壱
温泉に感謝
天空散歩
春 爛漫
青と白のコントラスト
初雪か!?
九酔渓の紅葉。
大自然からのチカラ。
紅葉情報。
ラベンダーが見ごろです
蛍まつりが開催されます
新緑の季節
2010年春を呼ぶ野焼き
小松地獄の雪化粧
「岩ん湯」のイルミネーション
九重町の夜を彩る 冬のイルミネーション
今、紅葉が見どころ
筋湯は秋の匂い
ホタルが舞っています
2009年春の桜便り
岡本陸郎美術館
九重夢大吊橋
秋色のトンネルを抜けて
紅葉が始まりました
筋湯の木々たち
今年の桜
春を呼ぶ野焼き part.1
春を呼ぶ野焼き part.4
春を呼ぶ野焼き part.2
春を呼ぶ野焼き part.3
自然の彩り
3月にも雪が降りました
筋湯の山々の雪
夜の筋湯の広場
緑が一番きれいな時期です
風物詩がつくる美しい景色
銀世界の雪景色
山の彩り
春の訪れ
青空と雪
冬の訪れ
秋の空
筋湯温泉の散歩道
筋湯温泉の初夏
筋湯温泉の春
小松地獄
九重の四季
九重地熱発電所
鯛生金山
くじゅう自然動物園
くじゅう花公園
体験する
九重森林公園スキー場で軽登山しませんか??
牧の戸峠ーーくじゅう連山 中岳  冬山登山
お久しぶりです★くじゅうの山々たち。
筋湯温泉 花火大会 2013
歩こう! タデ原!
行ってきました・・ブルーベリー狩り
牧の戸峠で登山気分
どんと焼き
すじゆのあるき方 其の壱
九電 八丁原発電所
温泉に感謝
天空散歩
自然の中で不自然な釣り?
こげん時やけん、自分のこつは後回しにするけん!
どんと焼き
二つの公共浴場。
あげたへぇ。さげたへぇ。
ブルーベリー ソーセージぃ!?
三日月の滝でパークゴルフ。
暑い夏を筋湯温泉で過ごしませんか?
ブルーベリー摘み
どんと焼き
甘酒祭り
ブルーベリー収穫体験
スパ・エステ「Yas-ragi SPA Sweet」
ゆっくり過ごす湯巡りの旅
薬師湯へようこそ
旅の途中、足湯を愉しむ
昔も今も、こころ打つ湯の音
冷えた風もあたたまる山里
足湯で憩うひととき
名水の小屋がリニューアル
うたせ湯がリニューアル
岩ん湯が新しくなりました
和みスポット足湯&トイレが完成
筋湯のうたせ湯とお祭り
九重の清水
EL RANCHO GRANDE(エルランチョグランデ)
鯛生金山
くじゅう自然動物園
くじゅう花公園
九重森林公園スキー場

牧の戸峠ーーくじゅう連山 中岳  冬山登山

 

先日 アップした記事  2月1日 『長者原~雨ヶ池~大船林道』(ちょうじゃばるーあまがいけーたいせんりんどう)

 

に 引き続き くじゅう連山の一つの山でもある 中岳(なかだけ)に登ってきました。

 

登山日は、2月25日。

先日の記事でも書きましたが 久々のくじゅう連山。冬山は初めて・・・・

 

それも、日本各地で大雪に見舞われた約一週間後ぐらい。道路の両脇には除雪された雪が山積み。

道路によっては、積雪で通れない場所もあり そんな中 決行。

 

 

 

 

 

今回は大雑把に書くと こんなルートです。

 

 

名称未設定 1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2041.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2045.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて登るぞ!!!! と 登山道に向かうと やはり雪だらけ・・・

 

 

DSCF2094.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココはアイゼンさんの出番ですな♪ 人生 初の装着♪

 

 

DSCF2061.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おぉ!!  流石 アイゼンさん。  こんな登り坂でもお構いナシに登る事ができます。

 

と思ってたら  上から ソリで滑ってきた人が!!!!

 

 

 

 

 

 

DSCF2062.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに この方は 登る方を無視して滑ってきたわけではなく 私たちが登るのを待ってくれてました。

通り過ぎて安全を確認し滑っていきましたよ。

 

いいなぁ、次回の下りは コレで。

 

 

 

そんなこんなで、展望台に到着。

 

DSCF2063.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年5月28日に この展望台まで登った記事があります。

 

 

ココから先は、未知の世界。 牧の戸峠からは小学校以来かなあ。

沓掛? どこそれ? みたいな感じです。 ちなみに 沓掛山(くつかけやま)牧の戸峠から約30分ぐらいで登れるところです。

 

 

DSCF2103.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2104.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2116.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2121.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沓掛山 制覇!!!   標高1503メートルとありますね。

 

 

さて、更に登っていきますかね。

 

 

DSCF2131.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2144.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天候はかなり良くて 風もほとんど無かったです。

それにしても最近のウェアなどは高性能ですね。ごあてっく???それにカッコイイですよね。

 

 

DSCF2163.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2181.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2173.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2178.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても良い天気でしたよ。 このあたりで暑くなってウェアを脱ぎましたがちょうど良かったです。

ここぐらいまで 約45分ぐらいですかね。

 

 

 

 

更に登ります。

 

 

DSCF2190.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2207.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2221.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初は、13時までに下山しなければいけないため 『扇ヶ鼻』(おうぎがはな)を目指そうと思ってましたが

まだ時間に余裕がありそうなんで もう少し先を目指します。ココまで約1時間ちょいぐらい。

 

 

DSCF2223.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても雪が深いですねー。   標識などが埋まっているのが分かりますか??

おそらく腰あたりまであると思いますが 普通に踏み固められた道を歩く分には問題なしです。

 

 

DSCF2232.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左に行くと 『星生山』(ほっしょうざん)  右に行くと 『久住山』くじゅうさん) 『中岳』(なかだけ)となります。

星生山には、ココからだけでなく いくつかルートがありますが 星生山は結構きついので注意!!

 

 

DSCF2238.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2243.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2296.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『久住分れ』(くじゅうわかれ)と呼ばれている場所に到着。

ココに 非難小屋&トイレがありますが トイレは今の時期は使用できません。

 

ココから、三俣山(みまたやま)方面・長者原に下山する方など 分かれ道になってます。

 

今回は、久住山・中岳方面に行くので まっすぐ登っていきます。

この時点では、どちらに登ろうか決めていませんでした・・・。

 

DSCF2330.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2327.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2440.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上部が欠けてて 正確には読めませんが

『 九大山ノ家 及 筋湯へ下る』 『九重山頂』  かな??

 

 

 

 

 

DSCF2316.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のおともは、サントリーCCサイダー。

いや~天気が良いので シュワっとしたのが飲みたいだろうと考えて持参しましたが正解でした♪

 

DSCF2351.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2354.JPG

 

DSCF2355.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2363.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2367.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈久住山   中岳〉の標識に後ろは 御池(みいけ)という本来は溜め池なんですが

氷ってて池の上を歩く事ができました。といっても池の上を歩く感覚ではなかったですが・・・。

この御池 氷っていても危険な時もありますのでご注意ください。

 

御池が氷ってたので時間が短縮できました。池の上を歩けるから・・・

本来なら 少し回り道をしなければいけません。

ここから、中岳まで30分ぐらいでしょうか。

 

 

DSCF2380.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  真ん中の山が中岳です。

 

 

 

 

 

 

DSCF2400.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中岳 制覇!!!!

 

 

すぐ下には、坊ガツル湿原がみえますね。

 

DSCF2401.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8:30に牧の戸峠を出発し 中岳山頂が11:00。

 

 

初めてアイゼンさんを装着し冬山登山に挑みましたが

なかなか楽しめた登山となりました。

あの山が○○山で標高が・・・・・。とか一切 わかりませんが 何十年と見慣れた景色に

感動はしないものの 時間を忘れた一日となりました。

 

帰宅してからの温泉は すごい格別でしたよ。

 

 

それに、山頂などでたべる 『登山飯』。

冬の時期はカップラーメンなどをおススメしますね~。あくまで個人的ですが。

お湯はポットに入れていけば大丈夫ですし。

 

 

 

見る 体験する

2014年2月28日

ページの先頭へ戻る