筋湯を楽しむ

  • 全て表示
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 体験する
見る
ライブカメラなど一覧
長者原ー雨ヶ池ー坊ガヅルー大船山その②
長者原ー雨ヶ池ー坊ガヅルー大船山その①
九重町定期観光バス 3便コース
九重町定期観光バス 2便コース
九重町定期観光バス 1便コース
九重森林公園スキー場で軽登山しませんか??
牧の戸峠ーーくじゅう連山 中岳  冬山登山
お久しぶりです★くじゅうの山々たち。
九重空中庭園 まえだ苑
筋湯温泉 花火大会 2013
歩こう! タデ原!
すじゆの花火
野焼き 
雪景色
すじゆのあるき方 其の壱
温泉に感謝
天空散歩
春 爛漫
青と白のコントラスト
初雪か!?
九酔渓の紅葉。
大自然からのチカラ。
紅葉情報。
ラベンダーが見ごろです
蛍まつりが開催されます
新緑の季節
2010年春を呼ぶ野焼き
小松地獄の雪化粧
「岩ん湯」のイルミネーション
九重町の夜を彩る 冬のイルミネーション
今、紅葉が見どころ
筋湯は秋の匂い
ホタルが舞っています
2009年春の桜便り
岡本陸郎美術館
九重夢大吊橋
秋色のトンネルを抜けて
紅葉が始まりました
筋湯の木々たち
今年の桜
春を呼ぶ野焼き part.1
春を呼ぶ野焼き part.4
春を呼ぶ野焼き part.2
春を呼ぶ野焼き part.3
自然の彩り
3月にも雪が降りました
筋湯の山々の雪
夜の筋湯の広場
緑が一番きれいな時期です
風物詩がつくる美しい景色
銀世界の雪景色
山の彩り
春の訪れ
青空と雪
冬の訪れ
秋の空
筋湯温泉の散歩道
筋湯温泉の初夏
筋湯温泉の春
小松地獄
九重の四季
九重地熱発電所
鯛生金山
くじゅう自然動物園
くじゅう花公園
体験する
長者原ー雨ヶ池ー坊ガヅルー大船山その②
長者原ー雨ヶ池ー坊ガヅルー大船山その①
九重町定期観光バス 3便コース
九重町定期観光バス 2便コース
九重町定期観光バス 1便コース
九重森林公園スキー場で軽登山しませんか??
牧の戸峠ーーくじゅう連山 中岳  冬山登山
お久しぶりです★くじゅうの山々たち。
筋湯温泉 花火大会 2013
歩こう! タデ原!
行ってきました・・ブルーベリー狩り
牧の戸峠で登山気分
どんと焼き
すじゆのあるき方 其の壱
九電 八丁原発電所
温泉に感謝
天空散歩
自然の中で不自然な釣り?
こげん時やけん、自分のこつは後回しにするけん!
どんと焼き
二つの公共浴場。
あげたへぇ。さげたへぇ。
ブルーベリー ソーセージぃ!?
三日月の滝でパークゴルフ。
暑い夏を筋湯温泉で過ごしませんか?
ブルーベリー摘み
どんと焼き
甘酒祭り
ブルーベリー収穫体験
スパ・エステ「Yas-ragi SPA Sweet」
ゆっくり過ごす湯巡りの旅
薬師湯へようこそ
旅の途中、足湯を愉しむ
昔も今も、こころ打つ湯の音
冷えた風もあたたまる山里
足湯で憩うひととき
名水の小屋がリニューアル
うたせ湯がリニューアル
岩ん湯が新しくなりました
和みスポット足湯&トイレが完成
筋湯のうたせ湯とお祭り
九重の清水
EL RANCHO GRANDE(エルランチョグランデ)
鯛生金山
くじゅう自然動物園
くじゅう花公園
九重森林公園スキー場

長者原ー雨ヶ池ー坊ガヅルー大船山その②

 

前回からの続きです。

 

今回は、③~⑦ 九州自然歩道から雨ヶ池・坊ガヅルを通り 大船山のルートです。

ちなみに、 あまがいけ・ぼうがづる・たいせんざん と呼びます。

 

 

 

①長者原ビジターセンター

②長者原たで原

③九州自然歩道

④雨ヶ池

⑤坊ガツル

⑥段原(だんばる)

⑦大船山山頂

 

 

 

 

 

 

名称未設定 1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

登った日は 10月8日。

紅葉を見るには、だいぶ早くて・・・

紅葉の具合を確かめるべく登ったわけです。

 

 

まだ緑が蔽い茂ってますよね。

アップしてるのが、11月21日。もう秋の気配どころか 冬を迎えつつあります。

 

 

 

 

 

DSCF7555.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7559.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然歩道を登りきってしまうと、そこは ④雨ヶ池!!

 

 

主に梅雨の時期など、自然の雨によって出来る池です。池は人工物を言うから 正確には沼??

 

 

 

 

DSCF1151.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7596.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨ヶ池の生態などが変らないように、足場が組まれています。

この足場板の上を歩くようにしましょう。

 

この雨ヶ池まで、約1時間30分から2時間ぐらいでしょうか。往復3時間ぐらい。

 

これから、④坊ガツル までは下っていきます。

 

この 坊ガツルですが、平成17年 ②のタデ原湿原 と共に 通称ラムサール条約湿地に登録されました。

 

 

 

 

 

DSCF7673.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7675.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標高1230メートル。筋湯温泉が標高1000メートルなので 坊ヶツルの方が200メートル高いですね。

 

 

 

 

くじゅう山群の登山基地としてキャンプ場があり四季を通じて大勢の方が訪れます。

九州一高い場所にある温泉 法華院温泉山荘も この坊ガツルにあります。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF76822222.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和52年 NHKみんなのうた によって紹介された 【坊がつる賛歌】

この歌は、美しい湿原に想いをよせた山男たちの歌だそうですよ。

 

 

先日、この芹洋子さんが 今年 阿蘇くじゅう国立公園80周年を記念し九重町を訪れ

坊ガツル賛歌を歌われましたよ。

 

 

 

DSCF7699.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この分かれ道を左に行くと 坊ガツルキャンプ場・大船登山道を通り 大船山山頂です。

 

 

 

 

 

DSCF7702.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7709.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玖珠川の源流も流れてます。

 

 

 

DSCF7726.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7727.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テントがいくつか見えますが、ここが 坊ガツルキャンプ場です。

トイレや炊事棟があります。

この日は平日で、紅葉もまだ少し早めということもありましたが

多い時期は、カラフルなテントで埋め尽くされるそうですよ。

 

 

 

 

DSCF7739.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7742.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7745.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ先はながいです。

特に大船山は、長者原から目指すには遠くてキツイので、キャンプ場又は法華院温泉に泊まり

余裕を持って登るのも良いと思いますよ。

 

 

 

 

 

DSCF774777777.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7750.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ場から少し歩くと、分かれ道があり 右が大船山。左が平治岳(ひいじだけ)へと。

 

 

 

 

DSCF7754.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坊ガツルキャンプ場から、かなりデコボコな道を登ります。約1時間ぐらいで⑥の段原(だんばる)へ

 

大小様々な石が登山道に落ちてますので 足を取られないよう 充分にご注意下さい。

また、かなり登山道 幅が狭いです。上りの方 優先ですよ。

 

 

DSCF7761.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところどころ登りながら振り返ると 絶景がひろがります。

 

 

DSCF7774.JPG

 

 

 

中央付近 平らな場所が 坊ガツル湿原です。

 

登りきると そこは  ⑥段原(だんばる)

ちょうどお昼時なので 昼食を食べてました。

 

 

ここから黒岳(くろだけ)や風穴に向かう事もできますよ。

 

 

 

DSCF7779.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少しで山頂。30分ぐらいかな?

 

 

DSCF7781.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂が近づいてまいりました。

 

 

 

 

DSCF7794.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り返ると はるか向こうに先程の段原が!!!

 

DSCF77988888888888.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7803.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7841.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ到着です☆山頂。

雲が近い。

 

 

DSC_4292.jpg

 

 

山頂で一息ついたら ぜひ山頂の奥の方にある

御池(おいけ)も行って見てください。

 

紅葉の時期は素晴らしい景色が広がります。

もちろん、他の時期もおすすめですよ。

 

ちなみに、くじゅう連山には 2つの 御池があります。

大船山山頂は、  御池と書いて おいけ と呼び

中岳近くにある 御池は みいけ と呼びます。

 

 

 

 

 

DSCF7865.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7940.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7948.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂から5分ほど下ったところにありますよ。

まだ色づき始めた時期でしたけど 綺麗でした。

 

 

最後に 2013年11月に取った 紅葉の綺麗な御池を。

 

1382920971749999999.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、紅葉の見頃に登る事ができませんでしたが来年こそは。

 

見る 体験する

2014年11月21日

ページの先頭へ戻る